原田病

◆TOP > ぶどう膜炎の種類 > 原田病

原田病とは

全身のメラニン細胞に対する免疫反応が高まったためにおこるぶどう膜炎の一種が原田病で、日本人などの有色人種におこります。
かつて原田病は虹彩炎の症状が著しい「フォークト・小柳」と、脈結膜炎から網膜剥離を生じる「原田病」として別々の病気と考えられていましたが、どちらも経過中に眼底や全身の色素が薄くなっていくことから、同じ病気と考えられるようになり、フォークト・小柳・原田病あるいは原田病と呼ばれるようになりました。

原田病の症状

原田病は発熱、頭痛、全身倦怠感などのかぜ症状で始まり、急に両目がかすんだり、物がゆがんで見えたり、見えなくなったりします。
全身症状として、めまい、耳鳴り、難聴もともないます。髄液検査では髄膜炎がみられます。
その後、頭髪、まゆげ、まつげが抜けたり、白髪化したり、また、皮膚に白斑が見られるようになります。

原田病の特徴

両眼に著しい虹彩炎、脈結膜炎による網膜剥離、視神経乳頭の浮腫が、原田病のぶどう膜炎の特徴です。

原田病の治療

原田病の治療としてはステロイドの全身投与が行なわれ、その後、内服でステロイド量を徐々に減量します。
通常、原田病では数か月におよぶステロイド治療 が必要です。また、虹彩炎に対するステロイドや散瞳剤の点眼も行なわれます。
ステロイド大量投与が行なわれる以前はぶどう膜炎が慢性化したり、白内障緑内障・眼底萎縮のために、重篤な視力障害を生じる場合が少なくありませんでした。
現在では90%以上で良好な視力が得られるようになりましたが、一年以上の長 期間にわたってステロイド治療が必要となる場合もあります。原田病の発病後、早期にステロイド大量投与を開始することが原田病の予後の決め手となります。


(医療法人社団 東京みどり会の各眼科では、瞳孔を広げて眼底部を詳しく診る眼底検査をしております。)