ぶどう膜炎の症状と原因

◆TOP > ぶどう膜炎の症状と原因

ぶどう膜炎の症状チェックシート

ぶどう膜炎の主な症状は以下となります。気になる症状がございましたら眼科受診をおすすめいたします。

  • 眼痛がある
  • かすんで見える
  • まぶしく感じる
  • 充血がある
  • 視力低下
  • 飛蚊症の症状がある

ぶどう膜炎の原因

ぶどう膜炎とは、虹彩・毛様体・脈絡膜の総称である「ぶどう膜」の一部あるいは全てが炎症を起こす病気で、原因の半数はベーチェット病サルコイドーシス原田病の三大ぶどう膜炎が占めています。

その他には、
・片目に突然発症する、繊維素を伴った急性前部ぶどう膜炎
・アレルギーが原因で起こると考えられている非肉芽性ぶどう膜炎
・細菌やウイルス、寄生虫、カビなどが感染して起こる肉芽性ぶどう膜炎
・水晶体が抗原となって起こる水晶体起因性ぶどう膜炎
・両眼の毛様体扁平部から下方の網膜周辺部に白色の隆起性滲出物を伴い、前房や硝子体に炎症が起こる周辺性ぶどう膜炎
などがあります。

眼の症状だけでなく、膠原病・関節炎・腸疾患・皮膚疾患・脳神経疾患・耳鼻科疾患・糖尿病、あるいは血液疾患や悪性腫瘍などがぶどう膜炎の原因になっていることもあります。

いろいろな点から検査をしても、原因がどうしてもわからない場合も2~3割あります。